業務内容

人材派遣業運営サポート

一般労働者派遣・特定労働者派遣業・有料職業紹介業の新規許可、届出から労働者派遣業を運営するために必要な書式等の作成について支援します。

実態は労働者派遣であるにもかかわらず、業務委託契約を締結して「偽装請負」として摘発されるケースが多くなってきています。また、労働者を受け入れる側(派遣先)でも、コンプライアンス上、この区別には慎重になってきている現状があります。 「労働者派遣」「請負」「業務委託」「出向」など非常に実務上区別が難しい部分がありますが、これらを正確に抑えておかないと、知らずの間に「派遣法違反」「職業安定法違反」となってしまう可能性がありますので十分留意することが必要です。

労働者派遣事業とは・・・

労働者派遣事業とは、派遣元事業主が自己の雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けてこの派遣先のために労働に従事させることを業として行うことをいいます。

請負(業務委託)契約とは・・・

上記の派遣と非常に紛らわしい形態で下記の請負契約があります。(請負により行われる事業)
上記の派遣との相違点は、注文主から労働者に対して指揮命令関係を生じない点にあります。

職業紹介事業とは・・・

労働者派遣業及び有料職業紹介事業については、このように、それぞれの許可等の要件を満たしたものが、許可等を受けた場合に行うことができるものです。

労働者派遣事業の種類

労働者派遣事業の種類には、次の2種類があります。

  • 一般労働者派遣事業
    特定労働者派遣事業以外の労働者派遣事業をいい、例えば、登録型や臨時・日雇の労働者を派遣する事業がこれに該当します。一般労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣の許可をうけなければなりません。
  • 特定労働者派遣事業
    特定労働者派遣事業以外の労働者派遣事業をいい、例えば、登録型や臨時・日雇の労働者を派遣する事業がこれに該当します。一般労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣の許可をうけなければなりません。

常用雇用労働者だけを労働者派遣の対象として行う労働者派遣事業をいいます。特定労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣に届出をしなければなりません。

「常用雇用労働者」とは?
雇用契約の形式を問わず、事実上期間の定めなく雇用されている労働者をいい、具体的には以下です。
  • 期間の定めなく雇用されている労働者
  • 一定の期間(例えば、2か月、6か月等)を定めて雇用されている次の者であって、その雇用期間が反復継続されて事実上(A)と同等と認められる者
    • 過去1年を超える期間について引き続き雇用されている労働者
    • 採用の時から1年を超えて引き続き雇用されると見込まれる労働者
  • 日々雇用される次の者であって、雇用契約が日々更新されて事実上(A)と同等に認められる者
    • 過去1年を超える期間について引き続き雇用されている労働者
    • 採用の時から1年を超えて引き続き雇用されると見込まれる労働者
  • アウトソーシング
  • 社会保険・労働保険事務手続き
  • 給与計算
  • 労働法と給与システムに精通した専門家の対応
  • 就業規則コンサルティング
  • 労務監査業務
  • 労務相談顧問
  • 労働基準監督署調査対応
  • 人材派遣業運営サポート
  • 個別労使紛争あっせん代理人
  • 無料相談のご案内
  • 事務所データのバックアップ体制